• トップページ
  • 広島県高等学校美術連盟について
  • 美術・工芸展
  • コンクール
  • 大会

広島県高等学校美術連盟事務局

広島県立呉宮原高等学校
〒737-0024
呉市宮原3丁目1-1
TEL:0823-21-9306
FAX:0823-21-9308

美術・工芸展

三次地区高等学校 美術・工芸・書道・写真展

事業名 平成24年度広島県高等学校総合文化祭 三次地区高等学校 美術・工芸・書道・写真展
会期 平成25年1月13日(日)~26日(土) (月曜日休館)
会場 三良坂平和美術館
参加学校 美術・工芸=日彰館・三次・庄原格致・吉田・三次青陵・庄原特別支援 書道=日彰館・三次  写真=庄原格致・庄原実業・日彰館

感想

約2週間にわたり美術館で生徒作品を展示した。広島県高等学校総合文化祭の広島中央展の後だったので,作品数は壁面と空間が埋まるくらい,十分確保できた。壁面と展示スペースの調整が難しかった。作品搬入・展示作業時に生徒が多くて会場では熱気を感じた。地元のケーブルテレビや新聞などで紹介していただき,地元の人を中心に鑑賞者が約400人訪れた。

課題

今後の課題としては以下の点が挙げられる。

●今年度,奥田元宋・小由女美術館主催で,三次地区の生徒作品展示の試みがあった。展示時期が重なり,さまざまな負担を強いられたことが課題となった。

●三次地区の芸術科では非常勤講師が多く,クラブ指導では専門外の顧問が指導するケースが多い。クラブ作品の質・内容の維持が難しい。クラブ顧問の指導者力維持が継続課題である。

●書道・美術・写真の作品で受賞作品が展示されたが,来場者数を多くする工夫の必要性が課題である。来場者数が少ない。

(広島県立三次青陵高等学校 才田博之)