• トップページ
  • 広島県高等学校美術連盟について
  • 美術・工芸展
  • コンクール
  • 大会

広島県高等学校美術連盟事務局

広島県立呉宮原高等学校
〒737-0024
呉市宮原3丁目1-1
TEL:0823-21-9306
FAX:0823-21-9308

コンクール

平成28年度広島県高等学校総合文化祭ポスターコンクール

事業名 平成28年度広島県高等学校総合文化祭ポスターコンクール
審査日 平成28年4月22日(金)
審査会場 広島県立西高等学校 美術教室
出品校数 34校
出品点数 283点

 今回の審査会において,審査は紙一重,そして運,であった。

 平成28年4月22日(金)13:30より広島県立西高等学校美術室において,広島県高等学校総合文化祭ポスターコンクール審査会が行われた。作品の学校名を伏し,作品裏面を見ることなく,厳正に審査が行われた。

 今回は,ポスター作品が県内の高等学校34校から総出品数283点と多く,熱気があった。出品規定を守られていない作品に対しては,審査を吟味した。入賞を逃した生徒作品も魅力的な作品が多かった。審査結果は,紙一重の差であった。コンクール協力校に心より謝意を表します。

【審査会の選考過程について】

 まず,第1グループから第5グループまで作品をグループ分けし,各グループ約60点を一堂に並べて審査した。審査員の得票数で作品を仕分けし,得票数の多いものから入選作品と特選作品を確定した。4票以上を入選,16票以上を特選以上確定とした。特選以上となった作品28点を一堂に並べて得票数が多かった作品から厳選して8点に絞り込み,8点からさらに3点に絞り込んだ。この時点で選考に残っていた作品裏面には,得票数が3種類のチョークで記入されていた。最後に採用作品を2点決選するに至った。

【出品作品の傾向】

 コラージュ作品,凹凸のある半立体的な作品が多かった。様々な素材を工夫して貼り付けている作品は存在感があり目立っていた。最終的に特選として選出された作品は洗練された平面作品であり,表面に凹凸のある作品は少なかった。また,沼田高校の意欲的な作品が健闘しており,特選6点,入選8点という好成績であった。

【採用作品について】

 283点の中からポスター採用作品1点,記録紙1点が選出された。

 人を引き付け笑顔にする,カリスマ性のある,洗練された平面作品2点であった。

 

広島県立西高等学校 教諭 才田博之

ポスター採用作品

広島国泰寺 3年

吉本愛梨

記録誌採用作品

福山誠之館 2年

増川祐伎

特選上位

県立広島 3年

飯島成美

特選上位

福山誠之館 2年

前田悠紀

特選上位

舟入 3年

乙重杏歌

特選上位

舟入 2年

林美悠

特選上位

沼田 2年

今井咲

特選上位

沼田 2年

橋本蓮

特選上位

沼田 2年

山下百萌

学校・学年 氏名 タイトル
ポスター採用 広島国泰寺 3年 吉本愛梨
記録誌表紙採用 福山誠之館 2年 増川祐伎
特選上位 県立広島 3年 飯島成美
特選上位 福山誠之館 2年 前田悠紀
特選上位 舟入 3年 乙重杏歌
特選上位 舟入 2年 林美悠
特選上位 沼田 2年 今井咲
特選上位 沼田 2年 橋本蓮
特選上位 沼田 2年 山下百萌
学校・学年 氏名 タイトル
特選 広島皆実 3年 大内 沙羅
特選 広島皆実 3年 渡部 遥希
特選 広島国泰寺 2年 佐々野 真姫
特選 広島国泰寺 2年 森本 愛深
特選 福山誠之館 2年 湯原 朱音
特選 福山葦陽 3年 遠藤 あかね
特選 河内 2年 横田 侑香
特選 福山明王台 2年 曽根菜々美
特選 安芸府中 3年 佐々木 有澄
特選 高陽東 3年 菅谷 朱里
特選 広島工業 2年 竹本 光佐
特選 舟入 3年 玉村 優希
特選 沼田 3年 吉村 知恵理
特選 沼田 3年 水金 未来
特選 沼田 3年 当天 春希
特選 美鈴が丘 3年 山木戸佳奈子
特選 市立広島商業 3年 小川 響也
特選 市立広島商業 3年 島田 真愛
特選 修大附属鈴峯女子 3年 木村 碧